眞福寺 神奈川県横浜市港北区

下田山眞福寺について

曹洞宗寺院の眞福寺は、かつては榮松山、のちに駒橋山とよばれたが、現在は下田山眞福寺という。1610~1620年頃、当寺狛江の泉龍寺の檀家であった田邊氏の尽力により当地にお堂がつくられたのが始まりとみられる。御本尊は如意輪観世音菩薩で、伝・慈覚大師(798~864)の御作といわれる。准秩父三十四ヶ札所観音霊場の第一番札所として、午歳(うまどし)に観世音菩薩の御開帳が行われている。都筑・橘樹 地蔵菩薩霊場の十一番札所である。(眞福寺HPより)
 
所在地 神奈川県横浜市港北区下田町3-11-5
霊園区分 寺院
宗教・宗派 曹洞宗

 
 

永代使用料

面積
間口x奥行
永代使用料
0.36 平方メートル 60 x 60
670,000円
0.67 平方メートル
75 x 60 1,250,000円
0.81 平方メートル 90 x 90 1,500,000円

お気軽にお問い合わせください

墓地購入に関するポイントについてアドバイスさせて頂きます。どうぞお気軽にお問い合わせください。

創生セレクト株式会社
TEL:03-5777-6941