正観寺 横浜市保土ヶ谷区東川島町

補陀山正観寺について

天正18年(1590)小田原北条氏家臣矢上城主中田加賀守が、小田原城落城の折、討死。その子藤左衛門は一族を率いて落ち延び領地であった川島へ住す。徳川の時代になり、寛永2年(1625)に父中田加賀守並びに一族の供養の為に、一宇を建立し補陀山正観寺と号す。
 
 
所在地 横浜市保土ヶ谷区東川島町45-4
霊園区分 寺院
宗教・宗派 曹洞宗

 

永代使用料

面積
間口x奥行
永代使用料
0.36 平方メートル 60 x 60 360,000円
0.54平方メートル  60 x 90 540,000円
0.81 平方メートル 90x 90 810,000円
0.98 平方メートル 99 x 99 980,000円
1.53 平方メートル 106 x 145 1,512,000円
2.32 平方メートル 145 x 160 2,290,000円

お気軽にお問い合わせください

墓地購入に関するポイントについてアドバイスさせて頂きます。どうぞお気軽にお問い合わせください。

創生セレクト株式会社
TEL:03-5777-6941