東林寺 横浜市北区篠原町

天宗山東林寺について

東林寺の山号は天宗山,開山は宗賢院第二世楞山周厳和尚で、「出仕之覚」に年始・開山忌(九月九日)に鳥目三十疋を本寺へ納め、他寺と格別の扱いを受けている。寺伝によれば、建治元年(1275年)に創建され、もとは真言宗の寺院で会下寺といい、鎌倉幕府の執権北条氏が帰依して篠原村内の字道念前に寺領八十三石を寄進し、境内は広く近郷でも稀に見る大寺であった。永徳三年(三八三)に諸堂宇・什宝と北条氏の寄進状を失い、寺勢は衰退するにいたった。明応五年(1496年)宗賢院第二世楞山周厳和尚が再興し、曹洞宗に転じて山号・寺号をいまのように改めた。元禄十三年(1700年)客殿を建立し、天保五年(1834年)堂地を後方の丘(現在地)に移し、客殿・諸堂宇を再建した。この再建を果たした第一八世祖孝大如和尚を中興としている。明治四二年第二十四世仏舟達禅和尚のときに本堂を大修理して庫裡を改築した。
 
 
所在地 横浜市港北区篠原町125
霊園区分 寺院
宗教・宗派 曹洞宗

永代使用料

面積
間口x奥行
永代使用料
0.36 平方メートル 60 x 60 360,000円
0.54平方メートル  60 x 90 540,000円
0.81 平方メートル 90x 90 810,000円
0.98 平方メートル 99 x 99 980,000円
1.53 平方メートル 106 x 145 1,512,000円
2.32 平方メートル 145 x 160 2,290,000円

お気軽にお問い合わせください

墓地購入に関するポイントについてアドバイスさせて頂きます。どうぞお気軽にお問い合わせください。

創生セレクト株式会社
TEL:03-5777-6941