延徳寺 東京都大田区萩中

潮留山延徳寺について

延徳2年(1490)に開山。その元号を頂き延徳寺と号し、江戸時代は日本橋にあったとされるが詳しい資料は明暦3年の江戸三大火の筆頭、俗に振袖火事(1657)により本堂と共に焼失したとされる。その後は幕府の区画整理の為に本願寺と共に寺基を築地へ移転し築地本願寺の塔頭となる。また築地の地においては汐留付近に位置していた為、併せて益々仏法が満潮の時を迎え、永く留めておくという意味で山号を「汐(引き潮を表す)」を「潮(満ち潮を表す)」の字に改め潮留山とした。そして大正12年に起こった関東大震災(1923)により再び焼失し、帝都復興計画に基づき区画整理が行われる中、関東の地における新たな教線拡大の為に昭和4年に現在の大田区に移転した。(延徳寺HPより)
 
所在地 東京都大田区萩中1-12-17
霊園区分 寺院
宗教・宗派 浄土真宗本願寺派

永代使用料

面積
間口x奥行
永代使用料
0.20 平方メートル 45 x 45
500,000円
0.25 平方メートル 50 x 50 600,000円
0.36 平方メートル 60 x 60 700,000円

お気軽にお問い合わせください

墓地購入に関するポイントについてアドバイスさせて頂きます。どうぞお気軽にお問い合わせください。

創生セレクト株式会社
TEL:03-5777-6941